コリー専門犬舎 マザーレイク http://motherlakecollie.sakura.ne.jp/index.html
コリーの子犬情報 http://collie-1064.cocolog-nifty.com/blog/

k20161113 (1) 
子犬たちの体が大きくなったので、お乳が足りなくなってきたようです。ピーピー泣いて、サークルの外にいるママに訴えるようになりました。
 
k20161113 (2) 
明日から、離乳食を開始しようと思います。
こちらを向いているのはジェット君。
 

k20161113 (3) 
お乳をもらった後は、ママの懐でゴロゴロしています。いつまでも、見ていたい光景です。
 


k20161113 (4) 
ほら、ジェット君の歯が生えてきました。昨日までは歯茎に埋まっていたのですが、今日はしっかり出てきました。
 


k20161113 (5) 
それにしても・・・・ジロママ、大丈夫かしら・・・。
 


k20161113 (6) 
子離れできるのかなぁ・・・(-_-;)
 
断乳の時は、完全に母乳が出なくなるまでの間、子犬達とは断絶させます。果たして、ジロママは子離れができるのでしょうか?
しばらくの間、フジコキッズの乳母をしてもらうことも考えていますが。
 


k20161113 (7) 
ママが出ていくと、子犬達のプロレスタイムです。
 


k20161113 (8) 
葵君がマリコちゃんを・・・
 
 


k20161113 (9) 
丸呑み??(^_^.)
 
 

k20161113 (10) 
レインキッズの体格はみんなほぼ同じくらいなので、プロレスごっこは互角です。
ガルル~~~って、唸り声が激しいです。でも、決して凶暴なわけじゃないですからね。
 

 
そして、今日はとても暖かい日だったので・・・
 

k20161113 (11) 
珍しく、2階のフジコキッズも大の字になってバラバラで寝ていました。窓は全部解放しています。
 


k20161113 (12) 
同じころのレインキッズと比べると、随分と小さい気がしますが、これが平均なんですよね(^_^.)
この子たちも、来週中には開眼すると思います。
 
では、一頭ずつ撮影してみましょう。

k20161113 (13) 
セロリ君。わかりやすいです。珍しく、今回はホワイトファクターは1頭しか生まれませんでした。
でも実は、セーブルのホワイトファクターの男の子がなかなか生まれなくて、オーナー様には約1年、お待ちいただいていたのです。
長くお待ちいただいた甲斐あってか、とてもきれいな子が生まれてくれて、ホッとしました。
 

 


k20161113 (14) 
一番大きなケイ君。反対側の首回りは幅広く白いです。ケイ君も少しだけ、ホワイト因子があるかもしれません。
 


k20161113 (15) 
女の子のムツコちゃんです。女の子はどちらも小顔みたいです。
 


k20161113 (16) 
相変わらず、一番チビのレイ君です。兄弟姉妹の中では、少し明るい色調です。
 


k20161113 (17) 
末っ子のツガルちゃんです。祖母のレインみたいな毛色と柄です。きっとかわいいよ~~(*^_^*)
 


↓ ここをポチッと押してみてね

にほんブログ村 犬ブログ コリーへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2016.11.13 / Top↑