コリー専門 マザーレイク http://homepage3.nifty.com/mother-lake/


昨日の日中、体温が37度まで下がり、夜になって上昇してきたフジコですが、その後、日付が変わってから再び低下、今朝の体温は37度でした。
一旦上昇した体温が、また下がったりする場合、その後があまり良くないことが多いので、不吉な予感がしていたのですが。

出産前のフジコ 
昨夜、お産室に入ったフジコ。私と一緒に、ソファで寝ていました。2~3時間おきに体温を測定していたのですが、一度は37.7度まで上昇したものの、その後日付が変わってから37度に再び低下してしまいました。フジコはそわそわと落ち着きなく、寝ていてもすぐに立ち上がって姿勢を変えたりしていました。食欲は旺盛でした。

お産間近のフジコ 
朝8時はまだ37.1度だったので、しばらく部屋から出て、再び戻ってみると、フジコが自分からお産室へ入っていました。まだ陣痛はなく、私が部屋に入ると、すぐに出てきてしまいました。食欲はまだまだ旺盛、ビスケットを丸呑みしてしまいました。



もうすぐ生みまぁ~す 
午前10時少し前、陣痛が始まりました。低いうなり声を上げながら、背中を丸めていきみます。

陣痛開始から約30分、胎児が出てきました。逆子でした。なかなか全身が出てきません。、立ち上がってウンチスタイルのまま、フジコのいきみに合わせて少しずつ引っ張り、肩まで出たところでスポッと転がり出てきました。

コリー フジオ君誕生 
なんとk440gの巨大なセーブルの男の子が誕生しました。地味なフジコの息子とは思えない、フルカラー、白タイツの派手な男の子です。フジコと同じ、額にポチョンとブレーズがあります。幼少名は・・・いわなくてもわかる「フジオ君」です。

フジコ、ままになったよ! 
みてください、この、嬉しそうな顔。出産した母親は、とてもよい顔をします。フジコも例外ではありませんでした。
フジコちゃん、思ったよりずっと、母性本能が強いみたいです。


嬉しいフジコ 
フジオ君は早速お乳に吸い付いていました。続いて弟か、妹が生まれる予定だったのですが・・・


お昼頃、破水・・・・その後、強い陣痛があるものの、なかなか生まれず・・・。
午後6時過ぎ、いろいろと手を尽くしたのですが、残念ながら死産となってしまいました。とても大きな子で、450gを超えていました。大きいだけなら出産できたと思うのですが、運悪く、姿勢が悪くて引っかかってしまい、なかなか出られなかったようです。稀に見るような、派手なホワイトファクターの男の子でした。フジコ自身はとても地味なので、ビックリしました。

お疲れフジコ 
お疲れ様のフジコと、元気いっぱいのフジオ君。フジコ、とっても頑張りました。


フジオ君 
フジオ君、弟の分まで元気に成長して、立派なコリーになってね。もう少したったら、弟と妹が生まれるからね。それまで一人で寂しいけど、がんばれ~~!(^^)!



スポンサーサイト
2012.04.06 / Top↑