上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑

コリー専門犬舎 マザーレイク http://homepage3.nifty.com/mother-lake/
コリーの子犬情報 http://collie-1064.cocolog-nifty.com/blog/

20160323 (10) 
午前と午後、それぞれ1時間ほど、外で遊びます。ぼちぼち、1時間では足りなくなってきたようです。
 
20160323 (9) 
この子たち、早いうちから屋外で走っているので、脚力があります。ビュンビュン走ります(*^_^*) 
ピノちゃんとリタちゃんの鬼ごっこ。
 

 

20160323 (8) 
十分に運動し、遊んだら、お部屋でも静かにしています。雨の日は外に出られないので、ドタンバタンとサークルの中で大暴れ(^_^.)
 


20160323 (7) 
そんな時は、段ボール箱を投入するなどして、退屈しのぎ(笑)
オモチャは雨の日のために、とっておいています(~_~;)
 
他に、大きめの牛皮ガムなど、齧って暇つぶしができる物があるといいですね。
 

20160323 (6) 
成犬たちのおもちゃ、大きすぎて持ち運べないので、楓花ちゃん、ひたすら齧ってます(笑)
 


20160323 (1) 
先住犬がいる場合は良いのですが、一人子になる場合、飼い主さんが遊び相手をしてあげなくてはならないので、ちょっと大変(^_^.)
一人っ子の飼い主さんが一番悩むのが「甘噛み」です。多頭飼育の場合、同居犬が教育してくれるので、飼い主さんを強く甘噛みすることはあまりないのですが、一人っ子の場合は加減がわからなくなるので、つい、強く噛んでしまうことがあります。
そのまま許してしまうと、興奮して、ますます強く噛むようになるので、強く噛んだ瞬間に「痛い!」と大声をだして、子犬を驚かせたり、首の後ろをつかんで抑えたりして、教えてあげてくださいね。または、ぬいぐるみなどをかませるようにします。

 

20160323 (2) 
子犬同士でじゃれている最中、相手が強く噛みすぎると、「キャン!」って、大きな声をあげます。そうすると、噛んだ方はびっくりして離れます。こうして、噛み加減を覚えていきます。この要領で、飼い主さんもやっていけばよいわけです。



20160323 (3) 
コリーは気質が良いので、ゆるく躾けても問題犬になるようなことはほとんどありません。おおらかに育ててあげるほうが、良い結果につながると思います。「あれもダメ、これもダメ」ではなく、「あれはダメ、だけどこれはヨシ」というようにね。
 


20160323 (5) 
ピノちゃん、お耳が垂れました~。
巣立ちの時に、セットしましょうね。
 


20160323 (11) 
おーじろう君とワカ爺。
ワカ爺、長生きして、おーじろう君が立派になったら、また一緒に写真を撮りたいね。
 

20160323 (12) 
ニコちゃん、小さいころのフジコママに似てるのかな?
運動神経は・・・父譲りのようです(-_-;)
 


20160323 (13) 
お豆腐のパックを見つけて、大喜びのおーじろう君。お豆腐のパックは上部で噛みちぎれないので、とっても重宝します。
割れやすかったり、千切れやすいプラスチック容器は危ないので、見極めてくださいね。
 

20160323 (15) 
ボロシーツをロープ状にしたオモチャです。成犬たちのだけど(^_^.)


20160323 (14) 
捨てる前のゴミとか、先代の子犬達のお古オモチャとか、そんなんばっかりでごめんね(笑)
 



↓ ここをポチッと押してみてね

にほんブログ村 犬ブログ コリーへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
2016.03.23 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。