上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
コリー専門犬舎 マザーレイク http://homepage3.nifty.com/mother-lake/
セーブル♂♀&トライ♂子犬達のオーナー様を募集しています。
詳細はこちらから ⇒ コリーの仔犬情報 http://collie-1064.cocolog-nifty.com/blog/

P1350822s.jpg 
MOAキッズ、全員目が開き、良く見えるようになって来たのでしょう、お互いにじゃれ合うようになってきました。
 

P1350825s.jpg 
歩くのも上手になりました。まだ「歩く」というより、「ほふく前進」みたいな感じですが(笑)
 


P1350820s.jpg 
まだまだ肉球はピンクです。歩くようになってくると、だんだん黒い部分が出てきます。
お腹もほとんどツルツルです。
 

P1350810s.jpg 
スミレちゃんとチーちゃんが戻ってきたので、一気ににぎやかです。ほとんどの子が700gを超えました。
 


 

P1350799s.jpg 
↑ こちらはフェ~キッズのジロ子ちゃんかな?フェ~キッズもハイハイからヨチヨチになり、意外に早く移動していたりします。
すみません、今日はフェ~キッズの画像はこれだけです。他の画像はなぜかすべてピンボケでした(涙)
 


P1350809s.jpg 
授乳が終わると、なぜか自分の子犬達から離れて、隣の子犬達のところで寝ているフェ~ママ。
自分の子供たちはお腹いっぱいになったので、お隣の子供達にもあげなくちゃ・・・ってことかな(笑)こういう世話好きでマメなところは祖母のヴィーにそっくりなフェ~ママです。
 


P1350798s.jpg 
今日は猛烈な気温&湿度だったので、ついにエアコンを入れました。洗面室にいたフジコキッズも育児部屋に移動です。
まだこのくらいの気温なら、子犬は暑い暑いとないたりはしないのですけど、ママ犬たちが暑さで体力を消耗し、母乳の出が悪くなるといけないので、早々にエアコンONです。

良く見ると(よく見なくても?)すでにワカコキッズの方が、フジコキッズより大きいです(^_^.)


P1350796s.jpg 
フジコキッズが戻ってきたので、これまでの2交代から3交代になりました。2時間おきに、ママ犬と子犬達を交代させます。そうすると、4時間おきの授乳ということになります。すでにワカコキッズも生後1週間ですので、4時間の間隔があいても大丈夫です。
授乳時間でない子たちは、お留守番箱の中にいれ、サークルの入り口をロックしておきます。フジコキッズのお留守番箱はグレードアップして広くなりました。
 
 

P1350802s.jpg 
エアコンが効いたお部屋で、気持ちよさそうに寝ているフジコキッズ。それにしても、この子たち、お顔がとっても良く似ています。昨年のレインキッズみたいです。毛色がほぼ同じという点では、レインキッズ以上かも?
 


P1350804s.jpg 
この子達も将来、どれだけ似ているか楽しみです。
 


P1350803s.jpg 
今日もフジコキッズとワカコキッズの体重測定をしている間ずっと、フェザーが外で待機していました。サークルの入り口をロックしておかないと、鼻先で開けて入って来てしまいます。世話好きなフェザー、まだお腹が空いているお隣の子犬達にお乳を上げたくて仕方ないみたいです。 


P1350827s.jpg 
昨日、高熱を出して心配だったワカコ、その後無事に熱が下がり、昼前には平熱にまで戻りました。
昨日の午後、病院で検温した時には40.2度あったのですが、その後は徐々に下がり、夜遅くには39.3度まで下がりました。夜中に一度検温した時には38.8度で、そのまま平熱になるかな?と思ったのですけど、今朝はまた39.1度にまで上っていました。
でも、朝は体温が高いことが多いので、少し時間をおいてから再度測定してみたら38.7度。お昼前には38,4度と平熱になり、その後も維持しています。顔色もすっかり良くなり、オネダリも再開です。

ただ、咳はこれまでより重い感じで、続いています。気管支炎には間違いなさそうです。こじらせたら肺炎になりかねないので、まだしばらく注意が必要です。
お産後に体力が低下することにより免疫力が弱まり、母犬が体調を崩すことは珍しくなく、特に膿皮症などの皮膚炎になる母犬はかなり多いです。我家でも、パーがお産後に酷い皮膚炎になりましたし、MOAも初産の時はあちこち湿疹ができてしまいました。ワカコさん自身、前回のお産の後、急性膿皮症で治療しましたし。

その他、下痢が続いたり、ワカコの様に気管支炎になる母犬もいますが、肺炎や子宮感染となると命を落としかねません。とかく子犬に気を取られがちですが、産後の母親の体調管理は大切です。今回、最初に咳が出た時点で、もっと用心していればと反省しています。


P1350801s.jpg 
幸い、ワカコさんのお乳はしっかり出ているようです。高熱が出ていたので、乳質が悪くなるかもしれないと心配していましたが、大丈夫でした。
左が長女、右が次女です。フジコキッズとは対照的に、ワカコキッズはアウトクロスの交配なので、姉妹はそれぞれパパ、ママに似ているみたいです(^_^.)
 

P1350805s.jpg 
今日は次女ちゃんも大きく体重が伸びました。このまま2頭だけでいくつもりでしたが、MOAママの元にもどったチーちゃん、一日で体重が激減してしまっていたので、チーちゃんだけ、ワカコママのところに戻しました。チーちゃんはワカコの元で順調に大きくなっていたのですが、それでも他の兄弟姉妹よりも一回り小さいため、お乳争奪戦で弾かれてしまうようです。
ワカコママの体調も戻りつつあるので、3頭くらいなら大丈夫でしょう。
写真はチーちゃんが戻る前なので、ワカコキッズだけですが、この中にチーちゃんをいれると、チーちゃんが一番小さいです。
子犬部屋だけではなく、リビングのエアコンもONにしました。授乳待機中のママ犬たちには暑さは大敵ですから。人間だけなら、我慢できるのですけどね。

↓ ワカコママ良かったね。ここをポチッと押してみてね

にほんブログ村 犬ブログ コリーへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2013.06.13 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。