コリー専門犬舎 マザーレイク http://homepage3.nifty.com/mother-lake/
セーブル♂♀、トライ♂の子犬達のオーナー様を募集しています。
詳細はこちらから ⇒ コリーの仔犬情報 http://collie-1064.cocolog-nifty.com/blog/

P1350794s.jpg

今日はとても蒸し暑かったので、お留守番の間も箱に入れずにおきました。みんなバラバラになって、体を伸ばしてねていました。
 
 

P1350781s.jpg 
MOAキッズ、ほぼ全員、目が開きました。おかげで、とても賑やかです。2階は1階より涼しいので、とても気持ちよさそうに寝ています。枕になっているのは、ちょうじょちゃん、アゴ乗せしているのは殿君です。
 


P1350782s.jpg 
紅一点じゃなくて、黒一点のミオ子ちゃん。とても活発なようです。ひとりだけ、遠く離れて寝ていても平気です。
 


P1350788s.jpg 
ドヤ顔をきめてくれました(笑)
他の子に比べ、目がはっきり開いていました。でもまだ良く見えていないようです。
 

P1350789s.jpg 
ママが目の前にいるのに、ママはどこ??って泣いて探します。つまり、ママの匂いと、ママの姿が一致していないという事だと思います。数日したら、ママの姿がわかるようになるんでしょうね。
ミオ子ちゃんの額の白ブレーズ、トライなので、成犬になっても少しは残るかもしれません。鼻先が白くて可愛いです。
 

 


P1350762s.jpg 
フェ~キッズもこの通り。ママが来たというのに、だれも目を覚ましません。爆睡していました。
 


P1350759s.jpg 
フェ~キッズももうすぐ目が開きます。モーたんの眼の色は何色かな??
 


P1350767s.jpg 
フジコキッズも活発になってきました。良く動くので、シャッターチャンスがなかなかつかめません。
 


P1350776s.jpg 
チビワカ君の新しい名前が決まりました。「カイ君」です。ドイツ語で「鍵を守るもの」という意味だそうです。カイ君をどうぞよろしく!
 


P1350777s.jpg 
私の気配に気づいて、カイ君がヨチヨチ歩いてきました。ごめんね、お乳じゃなくて。
カイ君の後ろは、ちょうなん君ですが、ちょうなん君も新しい名前が決まりました。「優太君」です。優しい男の子になって欲しいという、オーナーさんの願いが託されています。優太君をどうぞよろしく!
 


P1350747s.jpg 
ワカコさんの長女、なんとなんと、早くもMOAキッズと同じ700g台突破です。ワカコママの子犬時代と同じですね。体格だけではなく、顔だちも似ている気がします。
 


P1350748s.jpg 
次女ちゃんはもうすぐ500gです。大きさは同じくらいでも、MOAキッズの2頭がお乳を数力が強いため、どうやら吸い取られてしまうみたいです。 


P1350749s.jpg 
育児箱から脱走しようとしていたチーちゃん。まだハイハイしかできないワカコキッズに対し、MOAキッズはヨチヨチ歩けるようになり、体力差がでてきました。
 

P1350753s.jpg   
ワカコキッズの体重を量っていたら、授乳をおわったフェザーが入ってきて、なんとなんと、そのままワカコキッズ達に授乳を始めちゃったんです。もちろん、ほとんど残っていなかったでしょうけど。
母犬は、自分の子でなくても、お乳を欲しがる子犬がいると授乳してしまうのです。臭いが違うとか、そういうことは全く関係ないみたいです。

ところで、今日はワカコママ、病院に行ってきました。昨日から少し元気がないように感じていたのですが、食欲はあったので、産後の疲れかな?と思っていました。時々、コホコホと咳をしていたのですが、これまでも時たま咳をすることがあったので、それほど心配はしなかったのです。

今朝も朝食はガツガツ完食、いつものように子犬たちに授乳をしていました。ただ、昨日より咳が多い気がして、もしかして肺炎になってしまうのではないかと不安がよぎり、投薬しようかどうか悩んでいたところ、昼前くらいにワカコさんの顔色が悪くなり、嫌な予感がして体温を測ってみたところ・・・。

39.7度ありました。高熱です。朝は旺盛だった食欲が、その時にはおやつも食べないほど落ちていました。ぐったりした様子で、横になっていましたので、すぐに午後一番の診察に行く準備をしました。
もし肺炎になってしまったら・・・お産後、抵抗力が落ちて肺炎になり、命を落とした母犬は少なくありません。最悪の事を想像すると、私も何も食べられなくなりました。

MOAっ子をMOAに戻し、ワカコの子は哺乳して、いざ病院へ。

検査の結果、白血球とCRPが高く、やはり炎症があるということで、抗生剤を打ってもらいました。幸い、呼吸に雑音はないということで、肺炎にまではなっていないようです。子宮の感染もなさそうということでした。とりあえず、気管支炎の疑いということで、抗生剤での治療をすることになりました。抗生剤は授乳には影響しない種類のものです。

帰宅後、少し顔色が良くなりましたが、病院から解放された安ど感からかもしれません。夕食は念のため缶フードだけにしましたが、全部食べてくれました。母乳はでているので、ワカコの子だけ授乳させました。もし、母乳がでなくなるようなら、哺乳をし、お世話はフェ~ママに任せるつもりです。

今日は急に気温があがり、湿度も高かったので、一気に悪化したのかもしれません。気管支炎ということなら、むやみにエアコンを入れるのはどうかなぁと思い、様子を見ています。明日はもっと気温が上がるようなので、日中はエアコンを入れることになりそうですが。

抗生剤が功を奏して、熱が下がってくれるのを願うばかりです。

↓ 頑張れワカコ!ここをポチッと押してみてね

にほんブログ村 犬ブログ コリーへ
スポンサーサイト
2013.06.12 / Top↑